送電線の話

The commentary of the Overhead Power Transmission Line

 野山を駆けめぐって電気を送る架空送電線(がくうそうでんせん:地上に鉄塔などを建て、それに電線を張って電気を流す設備、Overhead Power Transmission Line)のやさしい話である。

サイト開設者:技術士(電気電子部門)長島洋雄

サイト運営者:株式会社工学気象研究所

飾り            2015/10 カウント開始

<主な更新情報>

海外の送電線・モロッコの送電線(その2)掲載(2017.01.31)

<UHV送電線写真:加藤繁樹氏提供>

UHV(100万ボルト)送電線耐張鉄塔写真
(2015.08.21更新)
(2015.03.09更新)


(2015.02.10更新)



(2014.02.23更新)


(2014.02.23更新)
(2015.12.01更新)
(2017.02.20修正)
(2017.01.31更新) New
(2013.06.28更新)


<注>「架空」の「読み」について
 「架空」を「がくう」と読むのは、送電線関連現場実務者の長年の習慣である。
 しかし、我が国で最も権威のある電気学会発行の「電気専門用語集No21・送電線路(1988年7月発行)」では、「かくう」と濁らずに読むと定義している。したがって正式には「かくう」と読むべきかと思うが、本サイトでは現場で使われている呼称で統一している。
 「かくう」と発音すると絵空事「Fiction」と間違われる可能性もあり、現場実務者は「がくう」と呼称している。また、我が国で長距離送電線を初めて建設した明治後半(明治40年駒橋〜東京間75.6Kmに55KV初建設)の頃には、「架空、架設、架橋」等の「架」は「が」と読ませていたようで、それが現場実務者を通じ今日まで来ているようだ。
 ちなみに、大正2年発行の「新註漢和大字典・松雲堂発行」では、上記の「架」の読みは「が」と記載されている。



・本サイトをご利用されることから生じる一切の損害について、その責任を負いませんのでご承知下さい。
・当サイト内の写真および記載事項の無断使用、無断転載は固くお断り致します。
・全ての著作権はサイト移行後の運営者または情報提供者に属します
Copyright(c)Meteorological Research Institute for Technology co.,ltd All Rights Reserved.