標題1

海外の送電線
Finland and Denmark
 

I traveled in Finland and Denmark in 2003. The trip place in Finland was only a city area of Helsinki.
The trip place in Denmark was only Copenhagen and the neighboring.
Therefore, I was able to take only some photographs of the power transmission line.
I was not able to take a large-scale power transmission line of the extra-high voltage.

 
 

 フィンランドとデンマークには、2003年7月に北欧四カ国ツアーに参加した際に訪れた。
 訪問地は、フィンランドは首都ヘルシンキの市街地だけ、デンマークは首都のコペンハーゲンとその近郊だけで、送電線が経過する郊外まで足を伸ばせなかったため、送電線の写真はほとんど撮れなかった。

 それでも、数は少ないが、我が国では見られない形の送電線を紹介する。

 フィンランドとデンマークは、ノルディック諸国と国際連係されているので、使用電圧は同様で、基幹系統は400KV,220KVが使われているようだ。また、地方系統は132KV,110KV,60KV,22KVが使用されているようだ。

目次

1.フィンランドの送電線 (Power transmission lines in Finland)

2.デンマークの送電線  (Power transmission lines in Denmark)

トップページに戻る元のページへ戻る

1.フィンランドの送電線 (Power transmission lines in Finland)

    <ドナウ形鉄塔>

 110KV級の送電線であろう。

 アームは極めてシンプルである。
 鋼材を2本合わせで使用し、吊り材は申しわけ程度に使用されている。

 耐雷設計として、GWを上相電線より外側に配置し、上相に対する遮蔽角をマイナスにしており、十分な保護角度の設計であり、発雷頻度の多い地域であるように思われる。
 しかし、がいし装置にはアークホーンがないなど、ちょっとちぐはぐな感じを受けた。

 きわめてシンプルな設備である。

    <角度懸垂鉄塔>

 110KV級の送電線であろう。
 2導体の送電線である。

 イタリアと同様で、線路の水平角度のある箇所にも懸垂がいし装置を用いた、角度懸垂鉄塔である。

 やはり、がいし装置にはアークホーンは、使用されていない。

 北欧では珍しく、アーム部分の主柱材に、テーパーが付いていない鉄塔形状である。

    <角度懸垂鉄塔>

 上と同一の2導体送電線である。

 線路の水平角度が大きい箇所では、振れ止めがいし用の突き出しアームは立体トラス構造として、角度水平荷重に耐えられるように強度を増している。

    <耐張形・軽角度鉄塔>

 上と同じ2導体送電線である。

 GWに光ケーブルを使用しているようで、光ファイバを下方に引き下げているようである。

 アーム部分の昇降は、充電部との離隔を確保するため、塔体に取り付けたハシゴを用いている。



2.デンマークの送電線   (Power transmission lines in Denmark)

    <1回線水平配列送電線>

 220KV級の送電線であろう。
 2導体送電線である。

 ノルウェーの隣国なので、ノルウェーで用いられていると同様な鉄塔構造の1回線水平配列鉄塔である。

    <標準型送電線>

 400KV級の送電線であろう。
 2導体送電線である。

 アームの構造は極めてシンプルで、平面はトラス構造であるが、吊り材はロッドまたはワイヤのようだ。

 塔体のテーパーも頂部から下部まで同一で、我が国の鉄塔構造に比較し、ずいぶんシンプルである。

 なお、後方には1回線水平配列の鉄柱送電線を見ることができる。

 ルート用地は比較的容易に確保できる国柄のように思われる。



 本項をご覧いただき感謝します。

 フィンランドとデンマークへの旅行は北欧4カ国ツアーの行程の中で、フィンランドは首都ヘルシンキの市街地だけ、デンマークは首都のコペンハーゲンとその近郊だけの駆け足訪問であった。

 したがって、400KV送電線など、基幹系統設備は、残念ながら見ることができなかった。

トップページに戻る元のページへ戻る