標題1

海外の送電線
Hungary and Czech Rep

I traveled to Hungary and Czech Rep for the Golden Week in 2000.
My visit place was ancient cities from Hungarian capital Budapest to Czech capital Prague.
I display photographs of the power transmission lines which I took during the trip on this page.


 

 ハンガリーおよびチェコへは、2000年ゴールデンウイークに旅行をした。

訪問地は、ハンガリーの首都ブダペストからチェコの首都プラハまでの古都の旅で、バスで移動した。
 オーストリアのウイーンには寄らなかった。

 送電線の経過している場所は、ほとんど農地かまたは牧草地で、人家はほとんど無く何処もゆったりした感じの平地で、送電線用地の取得には比較的障害の少ない土地柄であり、設計者の思うままに通過しているようだ。

 しかし、同一支持物に4回線架線されている多回線鉄塔が多く見られたが、線路の途中での分岐を避ける系統運用上の都合があるのかと思われる。
 我が国では見られない、鉄塔形状の送電線が多く見られた。

 なお、両国は隣接する諸国(オーストリア、ドイツ、スロバキアなど)との国際連係をしており、基幹系統の使用電圧は、400KV,220KVで、ハンガリーでは750KVも運用に入っているようだ。また、地方系統は120〜110KVが使用されているようだ。

目次   (A table of contents)

1.ハンガリーの送電線  (Power transmission lines in Hungary)

2.チェコの送電線  (Power transmission lines in Czech Rep)

3.オーストリアの送電線  (Power transmission lines in Austria)

トップページに戻る元のページへ戻る

1.ハンガリーの送電線  (Power transmission lines in Hungary)

    <ドナウ型・垂直配置2導体送電線>

 220KV級の送電線であろう。
 ドナウ型鉄塔、電線は垂直2導体である。

 がいしは、この写真ではよく見えないが、長幹がいし2本を連結した2連懸垂装置である。


 上と同一の送電線で、耐張鉄塔である。

 がいしは、長幹がいし3本連結である。

    <ドナウ型・多回線送電線>

 220KV級送電線であろう。

 上部2回線はドナウ型配列、下部2回線は水平配列の形状の鉄塔である。

 また、上部2回線は、下部回線よりクリアランスを多くとっているので下部回線よりやや電圧の高い回線と思われるが、電線は単導体である。
 下部回線は、やや電圧が低いようだが送電容量の関係か、電線は垂直2導体である。
 しかし、次の4回線鉄塔写真と同一の送電線かもしれない。そうであれば電圧は同一であろう。

 がいしは、上部回線は長幹がいし2本連結、下部回線はよく見えないが3本連結のようである。

 背後に、2回線標準型の送電線が見える。

    <4回線水平方向配列送電線>

 220KV級送電線であろう。

 4回線送電線など、多回線送電線は、我が国では用地事情から垂直方向に配置して用地幅を極力狭くするのが一般的であるが、ハンガリーでは水平方向にアームを伸ばし、各回線を三角配置している。

 我が国とは、基本的に設計の考え方が違うようである。

 上部の単導体回線は上アーム2相と中アーム外側1相で一回線を構成し、下側垂直配置の2導体回線は、中アーム内側1相と下アーム2相で一回線を構成している。

 前に掲載した写真の送電線と同じ送電線かもしれない。


 写真がはっはりしないが、前掲と同一の送電線である。

 航空障害標識(赤白塗色)は、我が国の航空法に基づくもの(地上から塔頂までを最小7等分する)とだいぶ異なり、鉄塔上部の部分だけが塗色されている。



2.チェコの送電線  (Power transmission lines in Czech Rep)

    <ドナウ型・送電線>

 220KV級の送電線であろう。

 手前に別の送電線の電線が写っており、見にくいが、ドナウ型の鉄塔である。
 また、下部のアームの2相はがいしおよび電線がが黒っぽいため、少々見にくい。

 がいし装置は、長幹がいし(有機がいし?)2本連結の2連懸垂装置である。


 同上の耐張形鉄塔である。

 背後に、標準型の鉄塔が見えるが、航空障害標識は我が国と同様の塗り方をしている。


 ドナウ型の送電線であるが、GWが2条の送電線である。
 写真が鮮明でないので分かりにくいが、多導体のようだ。

    <1回線水平配列送電線>

 400KV級の送電線であろう。

 3導体送電線である。
 がいし装置は長幹がいし3本連結の2連懸垂装置である。

この支持物は鉄柱のようだが、地上部は拡大根開きとなっており4脚独立した基礎となっているようで、鉄塔と定義することもできよう。

 何れにしても、我が国では見ることのできない形の支持物である。




 この支持物形状は、我が国でもよく見られるえぼし形鉄塔である。
 400KV級の送電線であろう。

 3導体送電線である。

 写真は懸垂鉄塔である。


 同上の送電線で耐張鉄塔である。

 超高圧送電線としては、だいぶ地上高が低い。



3.オーストリアの送電線  (Power transmission lines in Austria)


 オーストリアには行かなかったものの、その国の一部をかすめて旅行したが、そこで撮影した画像が右の鉄塔である。

 400KV級の送電線であろう。

 ハンガリーの「4回線送電線」と同じタイプの支持物で、上部の2回線だけが架線されている。
 電線は垂直2導体で、がいし装置は長幹がいし3本連結の2連懸垂装置である。



 本項をご覧いただき感謝します。

 この旅行は、ハンガリーの首都ブダペストからチェコの首都プラハまでの古都の旅であったが、その途中の諸都市(チェスキークルモルフ、テルチなど)も含め、千年を超す古くからの石造りの文化を堪能した。

 また、木漏れ日の中を散策したボヘミアの森の自然美も印象に残った。

 一方、ブダペストの温泉は、なかなか楽しく、変化に富んだ旅であった。

トップページに戻る元のページへ戻る