標題1

イランの送電線
Iran

Mr. Kiyoshi Hayashi (an excellent power transmission line engineer) traveled in Iran in 1978.
The photographs of this page is the power transmission line photographs which he took during a trip
 イランの送電線については、林潔氏が昭和53年(1978)にイラン旅行をされた際に撮影し、所蔵されていた写真を、今回、御子息の御厚意で当サイトに使用の許可を頂き、以下に掲載をさせていただけたことに厚く感謝を申し上げる次第です。

 林潔氏は、電源開発株式会社に勤務され、我が国の歴史に残る多くの送電線、一例を挙げれば「中四幹線(瀬戸内海海峡横断区間で、我が国で最高鉄塔かつ最長径間記録の送電線)」などの建設に従事され、定年退職後は送電線建設技術研究会にて送電工事の技術の向上・効率化、新技術の開発、および技術継承に多大なご尽力をされるなど、長年に亘り大活躍された送電線技術者である。

 
 さて、現在、イランの最高運転電圧は400KVであり、同国の送電線はヨーロッパ諸国と同じ技術で建設されているようだ。

目次

1.220KV送電線

2.400KV送電線

3.ローカル(Local)送電線

トップページに戻る元のページへ戻る


1.220KV送電線


 イランの基幹系統送電線の鉄塔は、専らフランスおよびイタリアで使用されているものと構造が極めて類似のえぼし型が使用されている。

 国の面積が広く、人口密度が疎であることから、電線配列は水平配列としているため、鉄塔構造はえぼし型が使用されている。

 ただ、ローカル系統では、右写真に写っているように、垂直配列または三角配列の送電線も見られる。

 水平配列のえぼし型鉄塔でも、完全に水平配列ではなく、左右の外側相が中央相より若干低くなった構造の鉄塔は、フランスおよびイタリアでも随所に見られるもので、多分同じ技術が適用されているように思われる。

 右写真は、220KV1回線の送電線で、がいし個数は1連14個である。


 右の写真は、前記と同様、220KV1回線の送電線でがいしは1連16個である。

 前記の送電線では架空地線を設置していないが、2条設置されており、雷害頻度の高い地域であると思われる。

 また、前記の送電線では、微風振動対策としてベートダンパを使用しているが、この送電線ではストックブリッジダンパを使用し、かつ、がいし連の横ぶれ対策であろうか、錘を使用している。





 この写真は、変電所引き込みの引留鉄塔である。

 まだ、工事中で、変電所引き込み側の架線およびジャンパ工事がこれから施工される状態のものである。

 220KV送電線でがいしは1連16個連結である。


 この写真は、220KV、2回線送電線である。

 がいしは、1連15個連結である。

 また、防振対策としては、ベートダンパが設置され、前記の1回線送電線では設置されていなかった電線側アークホーンが設置されている。

 2回線送電線の場合でも、 国土が広く、人口密度が疎であることから、電線配列は水平配列としているため、鉄塔構造はえぼし型が使用されている。

 ここに掲載した何れの220KV鉄塔も、ごく最近建設されたと思われ、鉄塔の結構はブライヒ結構を採用している。


 直前の鉄塔を真下から撮影したものである。


 都市に近い部分の送電線であろう、ドナウ型鉄塔が使用されている。

 がいし個数は1連14個連結である。



2.400KV送電線


 400KV送電線の建設途中の写真である。
 鉄塔組立が完了し、架線工事がこれから施工されるところであろう。

 当時は、日本の送電線建設工事施工会社もイランで建設工事を受注し、昭和57年(1982年)に約450km、および昭和59年(1984年)に約480kmの送電線を完成・運転開始させたとの記録がある。
 
 昭和50年代はイランで400KV送電線が各地で建設されたようである。


 400KV送電線の基礎立ち上がり部分の写真である。

 主柱材のジョイントは突合わせ継ぎ手である。
 最下部腹材の主柱材への取り付け構造は、プレートを使用せず、左右からの腹材を主柱材の内側で引きつけており、極めて簡素な構造になっている。

 基礎コンクリート立ち上がり部分は、幅が広く、我が国の基礎構造とは違った設計のようだ。



3.ローカル送電線

 


 都市郊外の送電線であろう、電圧は66KV程度であろうと思われる。
 
 がいし1連個数は5個である。


 



トップページに戻る元のページへ戻る