標題1

モロッコの送電線
Morocco

2016.05.27 新設
2017.01.31 モロッコの送電線(その2)掲載

<最近更新事項>
モロッコの送電線(その2)掲載(2017.01.31)


Ms. Chieko Kawakami traveled in Morocco in 2016.The photographs of this page is the power transmission line photographs which she took during a trip.
 モロッコの送電線については、川上千衣子氏が平成28年(2016年)にモロッコ旅行をされた際に撮影された写真を、当サイトにご提供頂いたものである。以下に掲載をさせていただけたことに厚く感謝を申し上げる。

 川上千衣子氏は、一般社団法人・送電線建設技術研究会事務局に長年勤務され、送電線工事業界に多大なご尽力頂いた。特に、同研究会発行の「ラインマン」の編集には心血を注がれ、送電線工事関係者には広く親しまれる読み物となっている。

 さて、モロッコは日本人にとっては不朽の名作「カサブランカ」の舞台として馴染みが深いと思われるが、現在の国情を知る人は少ないと考えられる。そこで前置き的に若干国情と送電線について触れておきたい。


目次

1.モロッコ王国 主要基本データ(2016.5.25調べ現在)

2.エネルギーと電気事業体制

3.モロッコ電力公社の送電線亘長

4.送電線の写真

トップページに戻る元のページへ戻る


1.モロッコ王国 主要基本データ(2016.5.25調べ現在)

首 都:ラバト   面 積:約45万km2   人 口:約3252万人(2012年世銀)   民 族:アラブ系65%、ベルベル系30%
言 語:公用語はアラビア語、ベルベル語、フランス語      宗 教:イスラム教(国教:スンニ派がほとんど)
政 体:立憲君主制      通 貨:モロッコデイルハム(MAD,1モロッコデイルハム=11.2868円)

 

        

(注)写真は在日モロッコ王国大使館の公開情報から:地中海に面する北部は温暖な地中海性気候。4000m級の山があるアトラス山脈には十分な降雨、また積雪もあります。南部一帯は砂漠性気候です。

 



2.エネルギーと電気事業体制

  石油と天然ガスの確認埋蔵量は少なく、モロッコでは国内石油消費をほぼ輸入石油でまかなっている。
1963年に設立された国有のモロッコ電力公社(ONE:Office National de I’Electoricite)が、垂直統合型事業者として発送配電事業を行なっている。 2007年末時点で発電設備約500万kW が設置されており、その内訳は水力(揚水発電含む含む)約1700MW 、石油火力約600MW 、石炭火力約1800MW、その他(風力発電含む)約900MWとなっている。



3.モロッコ電力公社の送電線亘長

区  分

電 圧 別 送 電 線 亘 長単位:km

備   考

400kV

225kV

150kV

60kV

 

2003

700

6400

300

9600

 

2004

700

6500

320

9700

 

2005

700

7000

130

10000

 

2006

1200

7200

140

10300

 

2007

1300

7200

140

10400

 

 



4.送電線の写真

川上氏からの提供写真は、次のように5ブロックとした。なお、写真のコメントは川上氏のメモを活用させて頂いた。

(1)サハラ砂漠の風紋

(2)首都ラバトからカサブランカへの途上

(3)カサブランカからマラケシュへの途上

(4)マラケシュからアトラス越え(ティシュカ峠)アイト・ベン・ハドウへの途上

(5)アトラス山脈の麓ミテルドへの途上

 

(1)サハラ砂漠の風紋

前日風が吹いた他面湖のような風紋ができたそうで、私たちはラッキーでした。いつもこのような風に見られる訳ではないとのことでした。サハラは極上の砂でした。 【写真】 (1)−@、(1)−A

@   A

(2)首都ラバトからカサブランカへの途上

車窓からの景色。 【写真】(2)−@ :225kV、(2)−A :225kV、(2)−B :150kV

@  A   B

 

(3)カサブランカからマラケシュへの途上

バス車窓からの景色   【写真】(3)−@ :150kV、(3)−A :150kV、(3)−B :60kV

@  A  B 

 

(4)マラケシュからアトラス越え(ティシュカ峠)アイト・ベン・ハドウへの途上

彼方に見えるのがアトラス山脈、ここらで見える山は全てアトラス山脈

*アウト・ベン・ハッドウはアラビアのロレンスやグラディエーター等映画のロケ地、旧き集落 

【写真】(4)−@ :225kV、(4)−A :60kV、(4)−B :150kV

 

@  A  B

 

(5)アトラス山脈の麓ミテルドへの途上

*ミデルト(町の名)の鱒は養殖、日本人観光客には好評のグリル。

ただ提供された鱒は、大きさもまちまち、頭の向きも右左適当で、日本人の美意識からは隔たっていた。

【写真】(5)−@ :225kV、(5)−A :225kV、(5)−B :奥の送電線225kV、手前の送電線 60kV

 

@   A   B   

 

 


トップページに戻る元のページへ戻る

標題1

モロッコの送電線(その2)
Morocco No.2

Masami Ohara worked for Furukawa Electric built a OPGW of 2400km in Morocco since 2003 until 2014.He safely build a OPGW of 16000km with the Indian and Filipino workers all over the world.
本サイトでは2016.05.27にモロッコの送電線について追加掲載した。その際モロッコに関する送電線の情報収集をしているさ中、これまで当サイトへフランス、スペイン、ベネルクス等の各種送電線写真を提供して頂いた赤坂広二氏から情報が寄せられた。同氏の先輩、古河電工OBの小原正美氏がモロッコで2003年から2014年まで滞在し工事期間中に撮られた送電線の写真提供であった。
本サイト「海外の送電線」の中に「欧米送電線の建設工法」の収録はあるが、営業運転中の送電線の架空地線改修(OPGW化)工事の映像は初めてのものである。
このため早速掲載させていただくこととし、一層充実した内容にすることができたことを大変感謝している。     (写真はサハラ砂漠にたたずむラクダ。)


目次

1.はじめに

2.60kV送電線

3.150kV送電線

4.225kV送電線

5.400kV送電線

6.OPGW活線張替工事(以下は小原正美氏談)

トップページに戻る元のページへ戻る


1.はじめに

モロッコには電圧は60kV, 150kV, 225kV, 400kVの架空送電線がある。
過去のONEE(モロッコの国営電力・水道公社)の資料によればモロッコの送電線系統図は下記の様である。

 

   

図 モロッコの系統概要



2.60kV送電線

60kV送電線は1回線と2回線があり、下の写真は耐張鉄塔と懸垂鉄塔の代表的なものを示す。耐張は鉄塔が、懸垂鉄塔はコン柱が一般的である。また碍子は耐張はガラス碍子、懸垂はシリコン支持碍子である。懸垂鉄塔には微風振動対策と思われる添え線が付いている。

 

   



3.150kV送電線

150kV 送電線は1回線と2回線がある。碍子はガラス碍子である。

 

   



4.225kV送電線

225kV送電線は基本的には1回線のバンザイ鉄塔でまれに2回線もある 。
碍子はガラス碍子である

 

   

下の写真はOPGWの活線張替工事中の写真で有る。砂漠?地帯で有るが線下まで車で移動可能である。

   



5.400kV送電線

2回線鉄塔で碍子はガラス碍子である。

 

   

下の写真は400kV 2導体の送電線で、ジャンパ線は張架ジャンパとなっており上下のアーム間距離が長い。GWは2条用のアームはあるが片側のみ架線されている。

   



6.OPGW活線張替工事(以下は小原正美氏談)

モロッコで2003年より完全活線状態でのOPGW張替工事がスタートし、現在までに約2,400qを施工してきた。
電圧は60kV, 150kV, 225kV, 400kVとモロッコ電力(ONEE)の全ての送電線電圧に対応して来た。
日本とは違い電力より一切電気を止めることなく施工することを要求され、当初日本式の吊金工法で対応したが完全活線状況では問題が多発し、工法、工具を新規に開発することが必要である。
225kVの一部と400kVでは既設のGWが無い状態であったため、この活線張替には全く発想を変えた工法の開発も行った。
下はかの有名なジブラルタル海峡(写真前方はスペイン)を望む400kVでの工事中の写真である。

 

   

世界中の開発途上国では迂回路が無いために完全活線状況下でのOPGW張替工事を要求される。1998年のインドを皮切りに古河電工(VISCAS)では現在までに約16,000km以上の工事を世界中で施工して来た。
日本では想像もつかないような劣悪な状態での送電線もあり、それを活線状況下で工事を行うには多くの危険も伴うが、安全第一を心がけ作業員はフィリピン、インド人を使い、現在も下請けでは無く直営として施工を続けている。


トップページに戻る元のページへ戻る