標題1

海外の送電線
Sweden

I traveled in Sweden in 2003. The trip place in Sweden was only Stockholm and the neighboring.
Therefore, I was able to take only some photographs of the power transmission line.
I was not able to take a large-scale power transmission line of the Extra-high voltage.
However, I was able to take much steel pole power transmission lines of the form that we cannot look at in Japan.
 スウェーデンは、2003年7月に、北欧四カ国ツアーに参加した際に訪れた。

 滞在したのはわずか2日間で、ストックホルムとその郊外の町だけで、国全体から見れば、針の先ほどの地域しか見られなかったが、それでも、スウェーデンの送電線をいろいろ見ることができた。


 スウェーデンの基幹系統は400KV、220KVで構成され、そのほとんどがノルディック諸国と連係している。また、地方系統は220KV,130〜70KVを使用しているている。

 スウェーデンの水力発電所は、北部に偏在しており、南北に長い国土地形から、長距離の送電系統が必要となり、世界初の380KV長距離(約1,000Km)送電線が1952年に建設されている。
(本送電線は現在は400kV系統で運用されている。)

 この送電線は世界初の複導体送電線であり、ここをクリックするとその解説ページ「世界初の複導体送電線誕生の物語」を見ることができるる。



 スウェーデンは日本の1.2倍の面積を有し、人口900万人で、人口密度は低く、送電線の建設は土地使用の制限をほとんど受けず、比較的自由にルート選定が出来る国柄と思われる。

 したがって、広い面積を要する支線付きの鉄柱を用いると共に、広い線下面積を必要とする水平配列送電線が多く見られた。

 もちろん、冬季の厳しい耐氷雪設計の観点からも、水平配列送電線を選定するのはは当然であろう。

 スウェーデンは、鉄柱を巧みに使いこなして経済的な設備を建設しているようで、私の見た限りスウェーデンは鉄柱・送電線の国であった。



目次  (A table of contents)

1.水平配列・鉄柱・送電線  (Conductor horizontal sequence type steel pole supports)

2.垂直配列・鉄柱・送電線  (Standard conductor sequence type steel pole supports)

3.鉄塔送電線   (Steel tower line)

トップページに戻る元のページへ戻る


1.水平配列・鉄柱・送電線  (Conductor horizontal sequence type steel pole supports)

    <ラーメン結構柱体>

 見た限りでは、殆どの送電線は、1回線水平配列の鉄柱線路であった。

 写真の左のものは220KV級2導体、右は220KV級単導体、中央は70KV級であろう。
 鉄柱の柱体は、工場での溶接加工の四角鉄柱で、2〜3本継ぎである。
 また、アームは、H鋼が横に渡してあるだけの、極めてシンプルなものである。

 懸垂装置は、軽角度箇所は殆ど振れっぱなし懸垂がいし装置を使用した懸垂形で、2導体が斜め配置になっても構わず経済設計をとっている。
 写真の中央は、コンクリートポール使用の送電線である。

    <ラーメン結構柱体>

 写真の左のものは220KV級2導体、右は220KV級単導体であろう。

 とにかく、シンプルな設備であった。

    <ラーメン結構柱体>

 懸垂形鉄柱のクローズアップ写真である。

 微風振動対策は、ストックブリッジダンパを用いている。

 がいしは、ガラスがいしである。

 鉄柱・柱体は、写真下から1/4位の位置で、4面ボルト接続されている。
 ラーメン構造の柱体は、工場で溶接加工されたものであろう。

 アームは、H鋼をそのまま取り付けただけの簡単なものである。

    <ラーメン結構柱体>

 耐張形のクローズアップ写真である。

 相当の角度箇所でも、振れっぱなし懸垂装置を用いている。

 水平2導体が、殆ど垂直状態になっているが、見栄えは気にしない、経済的建設が最優先であるようだ。

    <トラス結構柱体>

 部材一つ一つを現場で組み立てる、トラス構造の鉄柱も多くあった。

 220KV級の送電線であろう。

 アームはやはりH鋼であった。

 経済性を追求した結果であろうが、2導体が垂直に近いまでに振れっぱなしになっており、気になった。

    <トラス結構柱体>

 220KV級単導体であろう。

 とにかくシンプルである。

    <トラス結構柱体・2回線>

 2回線形で、特殊な形状の鉄柱があった。
 手前に高速道路の照明灯鉄柱があり、少々分かりづらいがご勘弁を願う。

 220KV級送電線であろう。

 左回線は、▽(逆三角)配列で、ジャンパ線をFRPがいしで突き出し、クリアランスを確保している。
 右回線は△(三角)配列で、アームにFRPがいしを垂直に立て、ジャンパ線をまわしている。

 どんな理由か分からないが、面白い引き留め方をしている。

    <トラス結構柱体>

 さすがに、3導体電線となると、アームにかかる荷重が大きくなるので、アームもトラス構造を採用している。

    <トラス結構柱体>

 えぼし型鉄塔に似た構造であるが、下部構造は鉄塔ではなく鉄柱である。

 70KV級の送電線であろう。

    <トラス結構柱体・2回線>

 独立した鉄柱に2相ずつ、架線された特殊な形状の支持物であった。

 上相は、跳ね上げ式と思われるアームに、傾斜V吊りで架線され、下相は振れっぱなし懸垂となっている。
 頂部およびアーム部に、ワイヤが弛みを持たせて架線されている。

何故か、左上相だけ、がいし個数が他の相より多い。

    <トラス結構柱体・2回線>

 上の写真の独立3本鉄柱支持物と、同一送電線で、直線箇所の写真である。

 耐雷対策のためか、最外側線だけ、がいし個数が多い。

 我が国のように、狭隘なルート設計にせざるを得ない環境から見ると、全くうらやましい限りである。



2.垂直配列・鉄柱・送電線  (Standard conductor sequence type steel pole supports)

    <ラーメン結構柱体・3回線>

 場所によっては、線下幅を制限される所もあるようで、そうした箇所には多回線設計の垂直配列設備も見られる。

 電圧の異なった回線が、併架されている。

    <トラス結構柱体・4回線>

 4回線垂直配列の送電線である。

 電圧の異なった2回線送電線が併架されている。




    <鉄柱送電線の並走>

 変電所の近くと思われ、何本かの送電線が並走している。



3.鉄塔送電線   (Steel tower line)


 線下幅を制限される所もあるようで、そのような箇所には、多回線設計の垂直配列鉄塔設備も見られる。

 電圧の異なった回線が、併架されている。

 支持物全体の高さを低くするため、下部の70KV級の回線は、水平配列としている。

 興味深いのは、懸垂クランプで電線を把持している部分で、電線からボンド線のようなリード線が、がいし最下部に結ばれ、接続されていることである。
 風による電線横振れにより、懸垂クランプとヨークの接続部分で微小火花放電が発生し、それによるTV視聴障害が発生するのを、防止する目的であろうかと推測される。

 さらに、下部の水平配列回線の右端相だけは、ベートダンパ線のような装置があるが、目的がよく分からない。




 最後までご覧いただき感謝します。

 ストックホルム市庁舎を見学したが、ノーベル賞授賞式後の公式晩餐会・青の間、舞踏会用広間、黄金の広間(メーラレン湖の女王画・1800万個の金箔モザイク)など豪華で見事な造りに感心した。

トップページに戻る元のページへ戻る